GR86/BRZ Cup
RECARO RACING TEAM

Passion for Motorsport
RECARO JAPANの挑戦

2019年、RECARO RACING TEAMを発足。TOYOTA GAZOO 86/BRZ Race プロフェッショナルシリーズ参戦に向けたチームづくりがスタートしました。参戦マシンは、86が1台、BRZが1台の計2台。ドライバーは豊富なレース経験と実績をもつ佐々木孝太選手とラリーから異色のレースデビューとなった新井大輝選手の2名。そしてチームづくりの基礎を学ぶべくチームのプロデューサーとして脇阪寿一選手を招聘しました。フォーミュラやスーパーGTで活躍する現役ドライバーやワンメイクレースのスペシャリストらが集まるプロクラスの壁は想像を遙かに凌ぐ厳しいレース結果が続きました。

2年目シーズンとなった2020年は、このレースで優勝経験をもつスバルの現役ワークスドライバー井口卓人選手がチームに加入。さらにチームをより強くしていくために、RECAROの商品開発で強いつながりのあるベテランドライバーの田中哲也選手が同時加入。田中選手、佐々木選手、井口選手の3人のプロドライバーを擁し、本レースでも稀なプロクラス3台体制で参戦しました。十勝大会では、井口選手が同じスバルBRZで参戦する久保凛太郎選手との熾烈なトップ争いを制し、見事にチーム加入の際の公約でもあった"チームの初勝利"をもぎ取りました。

Value for Motorsport
勝負してこそ学ぶものがある

3年目の2021年は、これまで社外のレーシングファクトリーに委託していたチームマネジメントをRECARO社内で実施する新たな体制を構築。メカニックもチームの向かうべき方向性を深く理解し、共に挑戦してくれる素晴らしいスタッフが揃いました。そして佐々木選手と井口選手に続く第3のドライバーに、長年ホンダのエースとして活躍し、スーパーGT500で頂点を極めた実績をもつ"小暮卓史選手"が加入することになりました。

4年目の2022年は、レース大会名称が86/BRZ Cupへと変わり、全クラスが新型GR86または新型BRZでの参戦となりました。RECARO RACING TEAMは、新型BRZ4台体制で参戦。4人目のドライバーとして2020年のシリーズチャンピオンという実績ももつ久保凛太郎選手が加入しました。前年同様に富士スバルがレース車両のメンテナンスとメカニックサポートを継続。さらにSUBARUよりメカニックの派遣を受け入れ、チームはさらに大きく成長しました。また愛知工業大学の情報科学部よりデジタルメディアの最新技術を学ぶ学生TEAM AIがレース全戦に帯同しながらチームの広報活動を支援。レース活動を通じて、たくさんの方と出会い、たくさんの方と協力し合い、国内でもっとも厳しいワンメイクレースと言われるこの活動を通じて、クルマの未来、シートの未来を学び、RECAROのDNAをさらに磨いていきます。

佐々木孝太選手 Kota Sasaki
"勝利への渇望"

チーム発足から共に戦い続ける佐々木孝太選手。佐々木選手が言葉で、行動で示す勝ちたいという想いが、RECARO RACING TEAMの大切な原動力です。プロドライバーとしてレースと向き合う姿もチームを鼓舞する力になりますが、それ以上にチームで考え、悩み、共に挑戦することの大切さや、このチームが強くなるためのさまざまな選択肢を与えてくれます。たとえチームの状況が苦しい時でさえ、佐々木選手は常に前を向き、どうすればこのチームが強くなるのか、どうすればこのチームで勝利できるか、チーム内でのコミュニケーションをオープンにしてくれます。このチームの象徴的存在が佐々木孝太選手です。

 

906号車 RECARO DL BRZ

小暮卓史選手 Takashi Kogure
"超一流の思考"

スーパーGTやフォーミュラで国内レースの頂点を極めた経験をもつプロドライバー小暮卓史選手。経験も実績も超一流。何よりレース参戦へのアプローチ、思考そのものが超一流。完成されたレーシングマシンを駆るトップカテゴリーのレースと異なり、このワンメイクレースでは市販車ベースのマシン特有のドライビング技術が求められます。むしろ頂点を極めたドライバーにこそ常識外の感覚。小暮選手は、そのレースと真摯に向き合い、超一流のプロセス・思考をチームに示してくれます。このチームが、他の素晴らしいチームと同じステージに駆け上がっていくための、より強く成長していくための、小暮卓史選手は大きな起爆剤です。

 

909号車 RECARO DL BRZ

久保凛太郎選手 Rintaro Kubo
"経験と実績"

2022年。86/BRZ Raceから86/BRZ Cupへと大会名称が変わり、レースマシンも新型BRZへ。チームが新たに再スタートするこの年。RECARO RACING TEAMに4人目のドライバーとして久保凛太郎選手が加入。2020年にシリーズチャンピオンを獲得した経験と実績。このレースに対する抱負な知識。そしてこのレースにかける秘めた想い。久保選手の加入が新たな刺激となり、チーム内のムードがさらによくなりました。同じブリヂストンタイヤを選択する井口選手の良きパートナーとなって、マシンのセットアップを詰めていくスピードが格段に増しました。チームがもっと強くなるために。勝てるチームへと成長するために。

 

987号車 RECARO BS BRZ

井口卓人選手 Takuto Iguchi
"チームの羅針盤"

2020年、このワンメイクレースで優勝経験をもつスバルの現役ワークスドライバー井口卓人選手が新たに加入することになりました。加入の際に目標として掲げたのが、チームに1勝を届けること。このレースで1勝あげることがどれほど難しいかは、プロクラスに参戦する顔ぶれを見れば一目瞭然。それでも井口選手は、得意とする十勝でのレースにおいて見事優勝し、公約を達成しました。彼の勝利がチームの意識を大きく変えることになります。目指すべきは勝利であると。他の素晴らしいチームと同じように勝利を目指すべきと変わっていきました。井口選手は、チームの羅針盤であり、チームの目指すべき方向を明確に示してくれたのです。

 

988号車 RECARO BS BRZ

Passion
ジェントルマンドライバー

参加型モータースポーツというコンセプトを掲げるGR86/BRZ Race(2022年以降 86/BRZ Cup)。RECARO RACING TEAMは、独自のチームでプロクラスへ参戦するだけではなく、チームドライバーの佐々木孝太選手がコーチングを務めるジェントルマンドライバーとも一緒に本レース活動を続けています。モータースポーツを学ぶと同時に、ジェントルマンドライバーと共に参戦することで、よりお客様のモータースポーツを楽しむ姿や想いというのも学ぶことができます。

モータースポーツのもうひとつの魅力は、多くの方々と出会い、そして共に切磋琢磨しながらモータースポーツを楽しむことができるということ。

RECARO RACING TEAMは、今後も活動の幅を広げ続けていきます。

Partner with 富士スバル
人をつくる

TEAM発足から3年目の2021年。チームは群馬県を地元とするディーラーの富士スバルと出会うことができました。

自社の魅力や社員のモチベーションを高めるために、そしてクルマの魅力をより多くの方に知っていただくために、富士スバルもチームの活動に参加してくれています。毎戦、数名のディーラーメカニックが行動を共にしながらレース参戦をサポート。いつもっとは違う環境下でレース参戦車両の整備をすることは、安全へのより高い意識や仲間と協力し合いながらひとつの目的に向かって行動する姿勢などを経験することができます。それが再び店舗に戻ってお客様の大切なおクルマを整備するときに必ず活かすことができると信じています。

チームも富士スバルのメカニックの皆さんの純粋な想い、笑顔、とまどい、真摯な姿勢などから多くを学ぶことができます。

 

モータースポーツが人をつくる。それもモータースポーツの魅力のひとつです。

Value for the future
シートの未来をつくる

モータースポーツで多くの人と出会い、多くの人から多くのことを学び、モータースポーツが人を育て、モータースポーツでクルマの魅力を知る。

そしてモータースポーツが、クルマの未来をつくり、シートの未来もつくる。

RECARO RACING TEAMは、RECARO創業から受け継がれるRECAROのDNAを未来へつないでいくために、これからもモータースポーツを学び、モータースポーツの活動を続けていきます。

Need more help?
お問い合わせ先

製品に関するお問い合わせ等はレカロコールまでご連絡をお願いします。

 

レカロ コール 0800-919-5881(フリーコール)

営業時間 10:00 - 12:00   13:00 - 18:00

営業日 土日、祝日、弊社休業日を除く平日